teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


サクラパンダ劇場

 投稿者:KAOKAO  投稿日:2011年10月 4日(火)08時28分4秒
  今日が締め切り<サクラパンダ劇場
解くぞー! 応募するぞー! …と、同僚と決めてます。タイムリミットが今日。
犯人は間違いないと思うんだけど、手口がもう一つ決め手が甘いなぁ。
 
 

寒い

 投稿者:KAOKAO  投稿日:2011年10月 2日(日)19時15分1秒
編集済
  夏生まれで、自分ではさほど思っていなかったけれど、ここ近年実感。やっぱり真夏生まれの私は、冬が苦手だー! …と。
最高気温が20℃で、もう駄目だと思う自分が、自分ながら恨めしい。
今日は町内会対抗の学区民運動会。お声が掛かってたけど、この耳じゃぁねぇ…。目眩起こしてひっくり返る事請け合いだ。断っといてよかった(ほっ)。
衣替えを使用と思ったのに、家の同居人達は全く手伝う意志なし。なのに家ん中を彷徨き回って、これ見よがしに「長袖ないかなーと思って」って、出さなきゃ無いんだからね。
…そして、こんな話を思い付きました。



『温もりのお裾分け』


「お帰り早々、衣替えですか?」

婆ちゃんが部屋にやってきた。扉を開けて空気の入れ換えをしながら、俺は押し入れから冬物を引っ張り出している真っ最中だった。
学会で数日間京都を離れていたのだが、昨日帰ってみれば肌寒さを覚えた。出掛けていく日はまだ結構な気温だったのだが、不在の間に京都には一気に秋本番が到来していた。
たまたま今日が日曜日だった事もあり、この際衣替えをしてしまう事にしたのだ。

「婆ちゃんの方は?」
「ええ、こないだ、一足先に」

台風が過ぎた後、急に朝晩冷え込んだ。その後の事だなと察しがついた。

「ああ、ごめん。うるさかったかな? 下に響く?」

彼女は滅多に俺の部屋までやって来ない。押し入れから出したり、片付けたりをかなり大雑把にやっていたから、階下への騒音が酷くて様子を見に来たのかと思ったが、どうやらそれは違ったらしい。

「いいえ。これ、こないだ衣替えしていて、出てきたさかい」

そう言った彼女が差し出してきたのは、厚手の上着の様だった。

「うちの人の。……そう言うても、殆ど袖通さんかったけど、良かったら着て見はらへんかと思って。亡くなった人のなんか、嫌かも知れへんとは思うんやけど」
「……ご主人の?」

モスグリーンと黒の間隔が広めの縦縞の生地。この形は───

「袢纏、かな?」
「ええ、そう」

俺は、差し出されているそれを手に取った。正面から眺めて、羽織ってみた。肩幅も良い具合で、綿も柔らかくて温かかった。襟に黒のビロードが掛けられていて、首周りの肌触りがとても良い。

「どう?」
「ええわ。目一杯裄も出してみたんやけど、ちょうどやねぇ」
「……もしかして、仕立て直して?」
「雑やけど、堪忍え?」
「綿も、新しいのかな?」
「ついでです。ほら」

そう言って微笑みながら、婆ちゃんはその場で一回転してみせた。

「私のを直すついでに」

彼女の着ているのも袢纏で、臙脂と黒の同じ縦縞模様。
ついでと言うのは、きっと逆に、だろう。俺のを直して、自分のをついでに。
この人はいつもこうだ。
あの恋人と違う優しさで、俺をいつも包み込んでくれる。
この俺が、うっかり抵抗するのを忘れさせるくらいの甘さと温かさで。

「お揃い? 焼き餅妬かれないかな?」
「あら? 火村先生にそんなお人、居はったんやったら、いらんお世話やったねぇ」
「───いいえ。あいつにはこういった行動は求めてないから」

俺の言葉に、婆ちゃんは、

「あらあら、熱い、熱い」

と、笑いながら階下に降りていく。
襟を引いて、心臓の上ので温かさを再確認する。

「ありがとう、婆ちゃん。───大事にするよ」

そう声を掛けると、もう階下に降りてしまい姿が見えなくなった彼女の小さな声が聞こえる。

「大事に、より、愛用してくれた方が嬉しいんえ」

それはとても良い台詞だと思った。

「───大事に、より愛用、か……」

お前をそうしたい。
そう言ったら、あの単細胞な恋人はなんと言うだろう。
真っ赤になって、怒るだろうか。
そうなったら、言ってやろう。

───婆ちゃんの受け売りだ。

そうしたら、なんて言い返すだろう。

───大事に、愛用、してくれ。

そう言うんじゃないだろうか。赤い顔しながら。俯きながら。それでも、きちんと気持ちを伝えてくれる。

「間違いないな。アリスは……あれでどうして、かなり欲張りだからな」

俺は着るに季節が少し早いと、袢纏を脱いでそっと手近なハンガーに掛け、取り敢えずと鴨居に引っかける。足下で、桃が寝床にしかねない目つきでずっと見上げていたからだ。

「駄目だ、桃。これは大事に、愛用するんだからな」

メッ、と一声掛けると、みーっと、妙に物分かりの良さそうな返事が返ってきた。
期待するのは無駄だろう。絶対に狙ってると確信した。
気をつけなくちゃなと、溜息を一つ吐いてから俺は押し入れに向かい、冬支度を再開した。



寒い土地柄にお住みの方から頂いた、とても優しいお心遣いに感謝の気持ちを込めてのお話です。
書き殴りですが、少しでも、お話だけでも温かく。
最低気温が1℃のところで頑張る、かわいいあなたへ。

そして、皆様も冬支度はお早めに。寒くなるのは一気で、季節の変わり目が危険ですから。
…って、それを私が言ってもなぁって感じですが(笑)。
 

歳のせい

 投稿者:KAOKAO  投稿日:2011年10月 1日(土)17時38分56秒
  耳がまだ不調…ってか、激悪。鼻も喉も。
あまりの不調に「治るんですか?」と訊いてみると「治るでしょう」と前のめりになって答えられた。
余りに聞こえないので、聴力検査。骨振動からの聞こえも検査。
「やはり右が左に比べて聞こえが悪いです。まあ、全体的にも聴力が落ちてます。……年齢的なものもあるでしょうが」って言われた。えーっ。…まあ、覚悟してたけど。覚悟してたけど、そんな総括いらんねん、先生…。
まあ年齢っていうより、正しくは家系じゃないのかと思う。うちの家系、女の年寄りは吃驚するくらいみんな耳が遠い。母親に至っては、検査結果は右耳が聞こえていないとなっていたのにも拘わらず、本人は「え? 聞こえてる気がするけど、気のせいやったんや。なんか聞こえにくいなぁとは思ってたけど」って言ってたもんなぁ。だから私もいつかはって覚悟はしてた。
───が! クスリの量か半端なく多くなっていた。どうやら耳の中のカタツムリの部分も変調を来しているらしく、内耳用だとか、必要なビタミン剤だとか。
こんだけ、どれだけ飲み続けてたらいいんだろう…。全部で飲み薬7種類。点鼻薬2本。吸入薬2本。トローチ1種。点眼薬1本。
それらを持って会社に出勤したら、周囲にドン引きされたよ。トホホ…。
 

サイン会。

 投稿者:KAOKAO  投稿日:2011年 9月29日(木)21時33分57秒
  いいなぁ、明日、大阪で有栖川先生のサイン会があるそうな。
講談社のメルマガ、遅いよ~。明日、せっかく早退して用事を済ませても、大阪に行く余裕が充分だったというのに、家族的根回しが出来てないので───断念。
…って、もっとちゃんとチェック入れとこうよ、自分(溜息)。
 

新米、新米~♪

 投稿者:KAOKAO  投稿日:2011年 9月29日(木)01時26分36秒
  そろそろかな~? そろそろだと思うけど…。訊いてみるかな? でも、厚かましい催促になっちゃうしな…。
こんな事をぐるぐる思うこの季節。
で! 届いたよ~♪ 今年の新米。
伯父ちゃん、伯母ちゃんありがとう。お礼の電話してみたら、「今年も元気やったらから作れたし」って、しかも「だから、来年は分からんし。お迎えが来たらなぁ」と言われた。
前半の台詞は嬉しいけど、後半は洒落になんない年齢なんだって…。コワいよ、リアルでさ。
早く米びつに入ってるのさらえよう。うん。
 

油断も隙もない

 投稿者:KAOKAO  投稿日:2011年 9月27日(火)21時03分17秒
  ちょっと席を外すと、ルーキーちゃんにみんな面倒くさい事を頼みにくるのは如何なものか。
どれも本来と違う仕事なので、嫌なら自分で断りゃいいのだから、それを学ぶのも仕事かと思うんだけど、でも、やっぱり断れないでしょう。大体人が席を外した隙に…って所があざとい。それに、ルーキーちゃん、断る仕事か自分の仕事か、まだ判別つかないんだから、余計にあざといよ、みんな…。
自分の失敗は、自分でリカバリーしきれなくても、やりきってみせるという意欲は持ちたい。
よって、現在はルーキーちゃんに、自分の仕事を犠牲にしてまで他からの持ち込みを断る断り方の指導中。…まあ、一番は「反応しない」というのが効くんだけど(笑)。
 

じんましん

 投稿者:KAOKAO  投稿日:2011年 9月27日(火)00時13分34秒
  抗生剤を変えてみた途端、じんましんが…(汗)。
うずうずするところをジーッと見てたら、直径一センチほどのがボンッ!と…、点々と…。
やっぱり薬って効くだけあってコワッ。
 

予定は実行される

 投稿者:KAOKAO  投稿日:2011年 9月25日(日)23時00分14秒
  自分の予定でない予定が、先日の台風でキャンセルされたけれど、それが一気に「今月中に」と詰め込まれて、ショック…(涙)。
その上、鏡見てショック。いくら耳や鼻や喉が調子悪いと言って、寝不足から目の下にすっごい隈が…!明日、ファンデーションで隠れるかなぁ。…会社、行けるかなぁ。不安だなぁ。
 

聴こえんしー……

 投稿者:KAOKAO  投稿日:2011年 9月24日(土)23時03分9秒
  ネットって便利…って言っている場合じゃないな。
病名って変わるんだなぁって、初めて知りました(涙)。
急性化膿性中耳炎←木曜日の診断
滲出性中耳炎へ移行しかけている←土曜日の診断
耳の病気って、小学校三年生の時に風邪が原因で中耳カタルって診断されたなぁ…なんて思うと気になって。ネット調べるとなんと中耳カタルって、今は滲出性中耳炎って言うんですね。
中耳カタルの時は自覚症状は耳が聞こえないってくらいで、でも治療がもの凄く嫌で殆ど通わなかった。耳から膿みもでなかったし。でも、明らかにこの時から右耳の不具合がずーっと続いて●十年。
だけど、聞こえなくなるのはあの時以来だなぁ。どうも喘息で咳のし過ぎからの喉の炎症が引き金じゃないかという事で、同じ病気というならば充分下地があったって事か。
子供の時、何が嫌だったって、ゴムの風船みたいなので鼻から空気を入れられたのと、なんて言ったか、音を全て吸収する狭い電話ボックスみたいな部屋に閉じこめられたのがトラウマで。あれ、今でも思い返すと怖い。
月曜に聴音検査だって事だけど、またあんな部屋だったらやだなぁ。
 

耳がー(涙)

 投稿者:KAOKAO  投稿日:2011年 9月22日(木)17時15分57秒
  右耳が聞こえん。ぼんやりとしか聞こえません。
咳のし過ぎで、内圧おかしいのかなー。それともよく聞くストレスでか? こないだからたまに目眩がしてたから、耳ん中具合悪しか?
朝起きたら、きーこーえーなーいー(涙)。
今日は木曜だし、近所軒並み医者やってないしなー。おっきい病院に救急で…というのも気が引ける。
土曜日に…やってるかなぁ。ってか、それまで治んないかなー。朝起きたらスッキリと。どうかなー。でも治る気しないなぁ。なんとなく。
 

レンタル掲示板
/8